金沢港湾・空港整備事務所は海と空の「みなと」による地域づくりをしています

これまでのあゆみ

昭和19年(1944) 東西1,500m、南北1,700m(それぞれ幅100m)の滑走路完成、
海軍攻摯隊2個中隊常駐
20年(1945) 米軍接収、補助レーダー基地となる。
30年(1955) 小松~大阪不定期便就航
33年(1958) 米軍接収解除(全面解除は同年8月)、航空自衛隊小松派遣隊駐屯
36年(1961) 航空自衛隊小松基地開庁、北陸工アターミナルビル株式会社創業。
小松飛行場を航空法第56条の5に基づく「公共用の施設」として告示。
(正式に自衛隊と民間航空との共用飛行場となる。)
37年(1962) 小松~大阪、小松~名古屋定期便就航。
38年(1963) 小松~東京(羽田)定期便就航。
39年(1964) F-104J機導入の為の滑走路延長工事完了。2,700m へ
52年(1977) 運輸省「小松飛行場民航地域整備基本計画」策定。
54年(1979) 検疫飛行場の指定。新潟検疫所伏木富山支所小松空港出張所開設。
新潟~小松~ソウル国際定期便就航。
56年(1981) 国内線新旅客ターミナルビル完成。
59年(1984) 国際線新旅客ターミナルビル完成。
平成03年(1991) シンガポール航空チャーター便就航。(小松~シンガポール、
小松空港に初めての外国航空会社のチャーター便乗り入れ。)
06年(1994) 北陸国際航空貨物ターミナル株式会社設立。カーゴルックス航空による
小松~ルクセンブルク国際貨物定期便就航。(週2往復)
輸入促進地域(FAZ)の指定
16年(2004) 小松~成田定期便就航。(CRJ・50人乗り、1日1往復)
中国東方航空による小松~上海国際定期便就航。
(A320・156人、週2往復)
17年(2005) 滑走路嵩上げ工事に伴う仮滑走路供用開始。
小松~上海国際定期便、週1往復増便で週3往復。
18年(2006) 滑走路嵩上げ工事完成に伴い、本滑走路供用開始(仮滑走路は閉鎖)
19年(2007)

国内貨物上屋完成

エプロン拡張による機能強化完了(大型機スポット6機)

20年(2008)

小松~上海国際定期便 週1往復増で週4往復

小松~台北就航

21年(2009) 小松~静岡便就航

Menu

お問い合わせ

みなとの波情報(リアルタイム)

波イラスト 全国のみなとの波情報をリアルタイムで見ることができます。全国波浪観測情報網(ナウファス)にて公開中。

  • 港湾BCP
  • 国際海上運送保安指数
  • みなとオアシス
  • にぎわい広場