金沢港湾・空港整備事務所は海と空の「みなと」による地域づくりをしています

これまでのあゆみ

大正2年(1913) 輪島町議会が県に対し、避難港の築造を上申する。
9年(1920) 石川県が輪島港調査を実施、防波堤の築造と暗礁除去の計画を策定する。
11年(1922) 防波堤の築造及び暗礁除去工事に着手。
昭和11年(1936) 今日の輪島港の骨格が完成。
26年(1951) 避難港に指定。
27年(1952) 石川県が運輸技術研究所物象部に防波堤配置の模型実験を委託
28年(1953) 国直轄事業(第2次)と第1防波堤延長工事に着手
40年(1965) 第1防波堤延長工事183m完成
53年(1978) 国直轄事業(第2次)を着手
55年(1980) 作業基地、みなと橋完成
56年(1981) 第4防波堤(沖防波堤)現地着工
58年(1983) 第4防波堤ケーソン据置開始
平成9年(1997) 第4防波堤堤頭部(擬岩)完成

昭和54年当時の輪島港写真

昭和54年当時の輪島港

Menu

お問い合わせ

みなとの波情報(リアルタイム)

波イラスト 全国のみなとの波情報をリアルタイムで見ることができます。全国波浪観測情報網(ナウファス)にて公開中。

  • 港湾BCP
  • 国際海上運送保安指数
  • みなとオアシス
  • にぎわい広場
  • -現場ルポ-港湾・空港工事