金沢港湾・空港整備事務所は海と空の「みなと」による地域づくりをしています

金沢港

金沢港にはいろいろな施設があります。

金沢港


石油岸壁

石油岸壁

金沢港で一番最初にできた岸壁です。車や家庭で使うガソリン、軽油、プロパンガスなどが船で運ばれてきて、ガソリンスタンドに運ばれます。

五郎島岸壁

五郎島岸壁

リサイクルするため鉄くずなどのスクラップを船に積み込み、海外へ運んでいます。

御供田岸壁

御供田岸壁

外国からコンテナを積んだ船がやってきます。コンテナの中には、雑貨店や洋服店、スーパーなどに並べられている、私たちの生活に身近なものが入っています。

戸水岸壁

戸水岸壁

家やビル、道路などに使われているコンクリートの材料となるセメントが国内各地から船で運ばれてきます。
また、日本最大の豪華客船飛鳥Ⅱも寄港の際に利用しています。

無量寺岸壁

無量寺岸壁

毎年、多くの旅客船が無量寺岸壁にやってきます。周辺にはボードウォークや公園があって、市民の憩いの場としてにぎわっています。
この他に、パンやうどんの原料となる小麦が、新潟県から船で運ばれてきます。

金石・大野埋立用地

金石・大野埋立用地

金沢港の整備で発生した土砂を利用してつくられた土地です。平成21年より、一部が開放されており、海辺の活動やサッカーの練習などに使われています。

国土交通省北陸地方整備局金沢港湾・空港整備事務所

国土交通省北陸地方整備局金沢港湾・空港整備事務所

金沢港・七尾港・輪島港・小松空港の重要な施設の整備をしています。
また、「海やみなと」に関する地域の意見を取り入れた港湾行政に取り組んでいます。

金沢港湾合同庁舎

金沢港湾合同庁舎

港や海に関する仕事を行っている国の機関があります。たとえば、海の安全を守る海上保安庁、港を利用する人たちや、貨物を検査する入国管理局、植物を検査する防疫所、正しく輸入・輸出が行われているか監視・検査などを行っている税関の職員がここにいます。

石川県金沢港湾事務所

石川県金沢港湾事務所

金沢港の管理を行っていて、金沢港を利用するための手続きもここで行っています。

金沢みなと会館

金沢みなと会館

金沢港にやってきた旅客船のお客さんのための待合室や、「海や港」に関する会合を開くことができる会議室があるほか、食堂、宿泊施設もあり、様々な人たちに利用されています。
また、港フェスタなど、イベントの際には、多くの人で賑わいます。

大野西防波堤

金沢みなと会館

防砂堤

金沢みなと会館

Menu

お問い合わせ

みなとの波情報(リアルタイム)

波イラスト 全国のみなとの波情報をリアルタイムで見ることができます。全国波浪観測情報網(ナウファス)にて公開中。

  • 輪島港ライブ映像
  • 港湾BCP
  • 国際海上運送保安指数
  • みなとオアシス
  • にぎわい広場
  • -現場ルポ-港湾・空港工事
ページの先頭へ